三華堂はりきゅう整骨院/整体院のブログ

自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂鍼灸整骨院のブログです。

自分での簡単な体の問題への対処方法など医療のことから私の気になったことの紹介まで幅広く情報を発信する窓口にしたいと考えています。

http://sankado.com/
<< 治療家仲間のサロンへ【調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂はりきゅう整骨院】 | TOP | 肩の痛みに毎日お灸 >>
腕を上げたら肩が痛い(五十肩)
0

    JUGEMテーマ:健康

    こんにちわ、店舗の開業をしてからひと月と少しが過ぎました。

    いろいろありすぎて、開業って改めて大変だなと感じます。

     

    ということで出張施術中は腰痛ばかり見ていましたが、最近相談が多いのが、肩の痛み(五十肩)。出張施術中には五十肩の治療もやりました。

    腕を前にあげると腕の前が痛い、腕の後ろが痛むという五十肩の症状の人が相談にいらっしゃることが多いです。

     

    うちは看板に腰痛、自律神経、という風に出しているのですが、肩の相談にいらっしゃいます。

    鍼灸や整骨ってどんな症状でも見るのが基本なので肩が来ても問題はありません。

     

    というか、腰痛、自律神経を打ち出していますが、とりあえず今までたくさんやった分野を書いて

    わかりやすく看板で見せているだけなので、膝がきても肩が来ても、そのほかどんな症状が来ても基本的には

    やることが変わるわけではないので問題がないのです。

     

    ということで、最近肩の痛みに関して相談を受ける事が多い今日この頃。大体は五十肩の症状ですが、

    中にはそうでないのも混じっています。

     

    腱板の何かしらの不具合、これの場合だと、腕を上げたら肩が痛む、というのとはちょっと症状の出方が違うように思います。

    五十肩は肩関節周囲炎なので腱板の不具合もこれに含まれるといえば含まれるのかもしれませんが。

     

    なので、その部分をもう少し素早く切り分けしていかないといけないなと感じる今日この頃。これだけ肩ばかり来ていればなれちゃいそうですけどね。

    肩の痛みの治療(五十肩や健板炎など) | 17:16 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://sankado.jugem.jp/trackback/547
    トラックバック